花海だより

各部署からの最新情報やお知らせ、イベント情報などを掲載していきます。スタッフのつぶやきも…。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
母の日

花業界が一年のうちで、もっとも多忙となる日。
ズバリそれは「母の日」
今年の母の日は5月8日。それに向けての動きが活発化してきた
鉢バラハウスよりこんにちは。久々に登場のKです。

母の日といえばカーネーション。ですが、バラなど他の花を
お母さんへのプレゼントに選ぶ人も多いようです。

かくいうK、実は少し前まで母に花を贈ったことがありませんでした。
というのもウチのオカン、典型的な「花よりダンゴ
お菓子のほうが喜ぶだろうし、ヘタすりゃ「育てるのが面倒」などと
言いかねない、と思っていたのです。

しかし数年前の母の日、周囲にすすめられて宅急便で実家の母へ
花をプレゼント。
数日後、母から「ありがとう」メールが着。
喜ぶと思っていなかったKは本気で驚きました。

が、考えてみれば母が「花をもらう」という一種の特別な行為を受けた
ことは少ないはず。(父ちゃんがしているとは、ちょっと思えないし)

花は数ヵ月後に枯れましたが、母が喜んでくれたのは確かでした。

「花なんて贈ったことない」という人も、たまにはこんなのもどうでしょう?
意外と、悪くない結果になるかもしれませんよ
 

| - | - | 20:44 | category: 鉢バラ |
鉢バラ課だけどバラじゃない花−ゼラニウム
流行のうとさは自他共に認めるK。
珍しいことに先日、流行の波に乗りました。
波の名前は「インフルエンザ」
・・・とんだ波に乗っちまった・・・

そんなわけで病み上がりKです。こんにちは。

さて、タイトルにもあるとおり、鉢バラ課ではバラ以外の植物も
いくつか育てています。
ガーデンシクラメン、ゼラニウム、ブルーベリー、バナナなんかも。

そのゼラニウムの出荷が、今週からスタートしました。



香りが強く、虫除けの効果を持つ花です。
そのためか、厄除けになる、という言い伝えも。

「病厄」にもきかないか、な・・・
| comments(0) | - | 19:42 | category: 鉢バラ |
バラの品種紹介―ネバダ

あけました、おめでとうございました。
遅すぎて過去形な新年のご挨拶(?)と共にこんにちは。鉢バラ課スタッフKです。

さて、久々に参りますバラの品種紹介。今回はコレです。



ネバダ・フォーエバー

前回のセビリアと同じ黄色系の花ですが、比較的色味がうすくレモン色に近いです。
葉っぱの緑色も明るく、花びらの形もセビリアが剣弁(花びらの先がとがった形)
なのに対し、ネバダは丸弁。   柔らかな感じがします。(個人的に)

しかし名前の由来となったネバダ州(アメリカ)に柔らかなイメージはもてないK。
(あくまで個人的に!)

理由はひとえにネバダ州の最大都市ラスベガス。そう、カジノで有名なあのラスベガス!

ギャンブルとは縁遠いK。 競馬もパチンコも未経験です。
けれどカジノには行ったことがあります。(ラスベガスに非ず)

ただしプレイしたのは友人のみ。不慣れな空間に入り込んだKはドリンクサービス
すすめられてもオロオロして受けられないアリサマ。

友人がポーカーやルーレット をやるのを横で見ていたのですが・・・
しょせんは我が友、弱いこと!!なんの盛り上がりもないままカジノを後にしましたとサ。

しかし、あれはよほどの強運でなければ、もうけるのは不可能ではなかろうか?
確率論なんか知ったこっちゃないけど。

だから友よ、つぎ込むのはホドホドにしとかない?

| - | - | 19:21 | category: 鉢バラ |
去る年、そして来る年
大荒れ の天気の下から、こんにちは。 

今年最後の登場は、鼻水をすすりながら、という失礼きわまりない
(特に食事中の方、ごめんなさい) 某鉢バラスタッフKです。

2010年もあと75時間ほどで終わりとなりました。

今年はKにとって、かなり濃い一年でした。楽しいことばかり、とは
いかないけれど、全部ひっくるめて言えば「いい一年だったかな」
と感じます。

これからも日々(特別な日も普通の日も)を彩るようなバラ
つくっていこうと思います。



来年も、花の海(ついでにこのブログも)をよろしくお願いします。
| - | - | 18:52 | category: 鉢バラ |
バラの品種紹介―セビリア
  寒風が吹きすさぶ季節となりました。 しかし、我らが職場はバラハウス。
室温27℃なんて日はザラ。すれ違うスタッフ同士の挨拶は、
 「今日も暑いね」 

 そんな季節感もへったくれもない鉢バラ課よりこんにちは。二度目な出没
スタッフKです。

 今回から、私たちが育てているバラを少しずつ紹介していこうと思います。
もっともホームページでも品種紹介はしていますので、ここはオマケ、という感じで。

 トップバッターはこれでいきます。



 セビリア・フォーエバー。
 ご覧のとおり黄色の花をつけ、花も草丈も比較的、大きくなりやすいです。

 例外もありますが、フォーエバーローズは品種の名前に欧米の地名をつけている
ことが多いです。セビリアもそのひとつ。
 ウィキペディアによると、スペイン南部にある観光都市で、闘牛やフラメンコの本場
・・・と、言われてもピンとこないK。

 むしろ連想するのはオペラで名高い「セビリアの理髪師」。
オペラは見たことありませんが、ストーリーはマンガで読んだことがあります。

 町で見かけた美女にヒトメボレした伯爵は、彼女を追いかけ、家の前でラブソングを
熱唱するという暑苦しい(失礼!)行動に出る。その後もセビリアの理髪師・フィガロの
助けを借りて、あの手この手でアプローチ。
 結論をいうと、美女は伯爵に口説き落とされ、二人は結婚。メデタシ、メデタシ・・・
が・・・

 実は続きがあるんです。これまたオペラで有名な「フィガロの結婚」が、その続編。
この話の中では、あれだけ大恋愛していた伯爵が浮気してます。
結局、奥さんとなった美女にバレ、とっちめられて許してもらうのですが・・・

 やっぱり男は浮気するってことですか、コレ!??
| - | - | 19:44 | category: 鉢バラ |

西日本最大級の園芸農場「花の海」
公式サイトはこちら↑↑↑


花の海商品のネット通販「てしまの苗屋」
公式サイトはこちら↑↑↑
Profile
Comments
Mobile
qrcode
携帯版ブログはこちら↑
Search this site
Sponsored Links